中古車査定ですがまずは外装・内装を見ます。


今度はコンディションを見ていくことになります。
外装・内装は前部⇒下回り⇒フロントガラス⇒側面の外板⇒ビラー⇒下回り⇒
後部の外板⇒トランクルームの中⇒下回り⇒ルーフパネル⇒それぞれのガラスとチェックします。

外装、内装のチェック事項はやはりキズに有無の確認になります。
凹み、大きなキズはどうしてもマイナス査定になります。

中古車と言う事は分かっていることなので通常使用する中で自然と付いてしまう、
ドア周囲のキズや、鍵穴の小さい傷などは、マイナス評価にはなりません。

この場合、自分で修復しようとペイントなどで塗ったりしないようにしましょう。
その方がマイナス査定にはなりません。

こうして 車体本体、外装や内装のチェックが終わると今度は、電装、エンジン、足回りなどを確認します。
このコンディションの問題はプロの目で判断されます。
標準状態と比較し良ければプラス査定ということになります。
もちろん、悪ければマイナス査定です。

このコンディションと言うのは装備品、商品価値としてのタイヤ、
走行距離、車検の残り、自賠責の残り、修復したあとなども加味されます。

そして後は、車検の残り期間、自賠責の残り期間は
少ない事がマイナス査定になるのではなく長いとプラス査定になります。

下取りに車を出す予定の方は、http://www.sinnsya.com/post-2.htmlのほうを参考に。


中古車の売買の方法


中古車の売買の方法としては、
・ネットで売る
・友達などに譲る
・専門業者に売る
これらの方法が一般的でしょう。

ネットで売る・友達などに譲るという個人売買は個人の取引になりますから手続きなどが多少面倒になります。
また、車のコンディションも売る側・買う側の認識の違いがトラブルにならないとは言い切れません。

個人取引に比べるとは売買価格の面では下がりますが、様々なトラブルのことを考えると
中古車業者に、依頼するのが良いでしょう。

業者に依頼することで売買にかかる諸手続きは全て、業者にお任せできます。
手数料=手間代と思えば、売る側は安心です。

しかしどの業者も安全とは言えません。業者選びは重要です。
だれだって少しでも高く車を売りたいと思うものです。

その場合、やはりコツがあります。

いくつかの業者に中古車の査定を依頼すればわかると思いますが査定額は同じではありません。
同じ車でありながら売れる価格は違ってくるのです。

それは、車種によっては、その中古車買い取り業者に得意、不得意があるからです。
その車種を専門とする業者を選ぶと高く買い取ってくれる可能性が高くなります。


車を売りに行く場合、どんな視線で業者選びをしますか。


有名と言う知名度を優先しますか。近くと言う事の方が優先されますか。
それとも車を売りましょうを出かけ買取業者を見かけて飛び込みで入りますか。

どんな理由で買取業者を選ぶにせよ、気持ちは少しでも
高く買い取ってもらいたいという思いは皆同じだと思います。

さてこの中古車査定業者ですが全国に1000社以上あるのをご存知ですか。
その中から一番高く買い取ってくれる業者を見つけなければならないのは無理でしょう。

まず、インターネットの中古車査定サイトで一括査定をしてみましょう。
その中から高額な業者をピックアップして本格的に査定をしてもらうのも絞れていくでしょう。

むかしは新しい車を購入するディーラーに下取りをしてもらうと言うのが主流でした。
しかしこの方法は損をすることもあります。

中古車査定の価格を比べて差があることを目の当たりにされたと思います。
損をしないように多くの査定業者で査定をしましょう。

携帯代やプロバイダ利用料の割引特典のあるクレジットカード